日本で唯一のネパール語新聞編集長に聞く 在日ネパール人増加の背景 – dot.


dot.
日本で唯一のネパール語新聞編集長に聞く 在日ネパール人増加の背景
dot.
同紙の編集長を務め、また発行元であるGMTインターナショナルの代表、ティラク・マッラさん(53)は「広告主や、ネパール人の集まるレストラン、食材店、日本語学校、それに年間契約をしている読者など、毎号8000部を刷っています」という。隔週発行で、1号あたり100円。1面 …

and more »

Read more

ネパールの復興支援を続けるISAK生徒有志が報告会「教育と医療、長期的には必要」 – 軽井沢新聞


軽井沢新聞
ネパールの復興支援を続けるISAK生徒有志が報告会「教育と医療、長期的には必要」
軽井沢新聞
160824-01.JPG 2015年4月発生の地震で被害を受けたネパールの支援を続ける、「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)プロジェクトネパール」の生徒有志が8月22日、軽井沢ロータリークラブの例会で活動状況などを報告した。軽井沢ロータリークラブが …

Read more

ネパールの復興支援を続けるISAK生徒有志が報告会「教育と医療、長期的には必要」 – 軽井沢新聞


軽井沢新聞
ネパールの復興支援を続けるISAK生徒有志が報告会「教育と医療、長期的には必要」
軽井沢新聞
160824-01.JPG 2015年4月発生の地震で被害を受けたネパールの支援を続ける、「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)プロジェクトネパール」の生徒有志が8月22日、軽井沢ロータリークラブの例会で活動状況などを報告した。軽井沢ロータリークラブが …

Read more

駒ケ根市の中学生ネパール派遣継続へ – 長野日報

駒ケ根市の中学生ネパール派遣継続へ
長野日報
駒ケ根市が2011年度から実施しているネパール・ポカラ市への中学生海外派遣国際交流事業について、杉本幸治市長は22日に開いた定例会見で、派遣体制を一部見直し、継続実施していく方針を示した。同事業をめぐっては、生徒の安全確保や受け入れ先の調整などを課題 …

Read more

もぐさでネパール女性支援 ヨモギの現地調査、JICAが助成 /滋賀 – 毎日新聞

もぐさでネパール女性支援 ヨモギの現地調査、JICAが助成 /滋賀
毎日新聞
創業121年の鍼灸(しんきゅう)用品製造会社「山正(やましょう)」(長浜市)が計画しているネパールの女性支援事業が、国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業〜基礎調査〜」に採択された。現地でもぐさの原料となるヨモギを採取してもらうなどして女性の現金 …

Read more

金正恩氏がネパール大統領に答電 – デイリーNKジャパン


デイリーNKジャパン
金正恩氏がネパール大統領に答電
デイリーNKジャパン
北朝鮮の金正恩党委員長は18日、ネパールのビドヤ・デビ・バンダリ大統領が、正恩氏の国務委員長推戴に際して送った祝電に対し、答電を送った。朝鮮中央通信が以下のとおり伝えた。 金正恩国務委員長がネパール大統領に答電. 【平壌8月20日発朝鮮中央通信】朝鮮 …

Read more

ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕 – Viewpoint

ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕
Viewpoint
広場の中には「クマリの館」があり、ネパールでは生きた女神と言われる「クマリ」が住んでいます。クマリはネワール族の由緒正しい家庭に生まれた幼女から選ばれます。クマリになる為には大きくわけて3つの条件があり、1つは満月の夜に生まれたこと、2つ目は目が大きく美人 …

Read more

ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕 – Viewpoint


Viewpoint
ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕
Viewpoint
ダルバール広場の多くの建物は17世紀から18世紀にかけて建てられたもので、ネパール王国の王宮として長らく栄えた場所で、現在のカトマンズの中心になっています。ダルバールはネパール語で「宮廷」や「王宮」と指し、旧王宮広場とも言われています。 広場には歴史ある …

Read more

ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕 – Viewpoint


Viewpoint
ネパールの世界遺産と巨大地震の爪痕
Viewpoint
ダルバール広場の多くの建物は17世紀から18世紀にかけて建てられたもので、ネパール王国の王宮として長らく栄えた場所で、現在のカトマンズの中心になっています。ダルバールはネパール語で「宮廷」や「王宮」と指し、旧王宮広場とも言われています。 広場には歴史ある …

Read more

ネパールが日本産食品の輸入規制を撤廃 – 農業協同組合新聞

ネパールが日本産食品の輸入規制を撤廃
農業協同組合新聞
ネパールは東電福島第一原発事故発生に伴い日本産食品の輸入規制を実施してきたが、8月8日に規制を撤廃した。 ネパールは、すべての日本産の食品について、放射性物質に係るサンプル検査を求めていたが、8月8日にこの規制を撤廃した。これにより、日本産食品について …

Read more